先物オプション取引全国被害者の会

面会強要罪

証券会社は、債権の回収業務を第三者に委託したり、債権を第三者に譲渡することができます。取り立ての緩い証券会社とは違う、新たな借金取り(禿鷹)が大塔するのです。

面会強要【めんかいきょうよう】

面会を強要すること。財産上の不法な利益を得る目的で集団的威力を示してなした場合(暴力行為等処罰法により集団的面会強請罪として,1年以下の懲役または10万円以下の罰金),および刑事事件の証人等に対し故なく面会を強請した場合(刑法の証人威迫罪)はそれぞれ処罰される。
→強要罪

強要罪【きょうようざい】

本人またはその親族の生命・身体・自由・名誉・財産に対し害を加えることを告知して脅迫し,または暴行を用い,人に義務のないことを行わせ,または行う権利を妨害する罪(刑法223条)。刑は3年以下の懲役。未遂も処罰。強要的脅迫罪または強制罪とも。→脅迫罪/面会強要

暴力行為等処罰法【ぼうりょくこういとうしょばつほう】

集団による暴力行為,常習的暴力行為等を重く処罰しようとする法律(1926年)。刑法を補うために制定。集団的暴行・脅迫・器物損壊をなした者は3年以下の懲役または30万円以下の罰金,銃砲・刀剣類を用いて人を傷害した者は1年以上15年(2004年改正前は10年) 以下の懲役,常習として傷害・暴行・脅迫・器物損壊をなした者の刑の加重,財産上の不法利益を得る目的で面会強請・強談威迫をなした者は1年以下の懲役または10万円以下の罰金,集団的に殺人・傷害・器物損壊等を犯させる目的で財産上の利益を供与した者等は6月以下の懲役または10万円以下の罰金等を規定。労働運動等に関連してその適用がしばしば問題とされる。

特徴として

親しい関係がこじれた場合に一方が強行に自己の意思を通すため他方に無理強いするような場合に発生します。